読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏のカンオケ

表ブログでは書けないことを綴るだけ

淘汰郎史_01 ACの自覚

淘汰郎史 AC

当ブログの前提条件を開示しておかねばなるまい。

当方の自分語り、今回は「AC」について。

 

 

私が毒母にされてきた非道な仕打ちの数々が、

世間一般に「虐待」と称されるものであることを知ったのは、

恥ずかしながら高校生になってからのことである。

 

あまりに経緯が長くなるので詳細は割愛するが、

当時の担任の奨めを受けて、スクールカウンセリングを受けた。

適性検査のような、質問に対してYes, Noで答える設問を、

……何問だったか全く忘れたが、どっさり受けて、

その結果が「アダルト・チルドレン」というものだった。

カウンセラーに「親と君との関係を、全て教えてください」と言われ、

日頃の鬱積もあり、私は見ず知らずの他人に洗いざらい話した。

大体、以下のような内容だ。

 

●昔から、鼻血が出るほど殴られていた

●首を絞められたことがある

●母に曰く、私は失敗作

●母に曰く、私のような人間が世界で一番恥ずかしい

●母に曰く、産まなければ良かった

●母に曰く、私は人間として生きている価値がない

●幼い頃、母は親戚に私を紹介する時、名前を呼ばなかった

●私は彼女を許さない

 

暴言と暴力は虐待でしかない、とカウンセラーは言った。

「あなたはお母さんから充分な愛情を受けられなかったんですね」と。

全く以て衝撃的だった。

まさか、自分が虐待を受けていたとは、想定していなかったのである。

 

この結果を、両親には告げていない。当然だ。

これを伝えるということは即ち、

「この家、機能不全家庭だってぇことですぜ」

と告げるようなものだからである。

そんなことをしようものなら、

世間体と我が身の保身が最優先事項である毒母に、

今度こそ殺されるだろうと予想するのは容易だ。

 

随分ざっくりになってしまったが、

これが、私が自らをACだと理解した経緯である。